menu

youtube twitter facebook

アカチェリーナ4世

akacherryna -アカチェリーナ4世とは-

ジョン ・ コバーン ・ アカチェリーナ4世(John kobain akacherryna4 1900年9月25日-)は、日本のミュージシャン。身長5フィート3.78インチ(162cm)

北海道札幌市を拠点に活動している。シンガーソングライター。“陶芸家ミュージシャン”を自称し、主にHSP(Highly Sensitive Person)等の繊細で生きづらいとされる世界に2割しかいないと言われる人々の為の歌を作っている。

経歴

生い立ち

地球から遠く離れた惑星ミートカツ星を統治するミートカツ王国の当時の王アカチェリーナ3世の子として誕生。本を読むのが好きで、空想癖があり、一人遊びに興じることの多い子供だったという。感受性が強く、小さな刺激にも人の倍反応するので、乳母も手を焼いたらしい。

幼少期より色々な曲を聴いたが、どれも必ず飽きが来ることに疑念を感じ、自分が本当に聞きたい曲にまだ出会っていないのだろう。と探し続けていた。

それから数十年がたち、ベートーヴェンにハマる。その範囲は音楽だけにとどまらず、偉人伝を穴のあくほど愛読し、自分と性格的な共通点を多く見い出し、自分の前世はベートーヴェンだったに違いないと思い込むようになる。
地球の音楽に強い憧れを抱き、ついに地球への留学を決意し、なぜか日本の北海道の札幌市に留学。

高校という場所を隠れ蓑にスクールライフを満喫。この頃から詩を書くようになり、その詩を見たクラスメイトから“Coccoみたいな詩を書くね”と言われ、同クラスメイトよりCoccoのCDを借り、ハマる。

それから数年後、ついに運命の出会いを果たす。ミッシェルガンエレファントのバードメンを聞き稲妻が走り、自分の探していた音楽にようやく出会えたと確信。ロックの世界に入っていくことになる。

ミートカツ王子 時代

高校を卒業し、2年間単身東京に乗り込み、渋谷駅のハチ公前ではなく、その裏手のトイレと歩道橋の間で路上ライブを行う。この時に初めてギターを買う。
6千円ほどのアコースティックギターであったが“ポチ”と名前を付けて可愛がった。

ギターが全く上達しないことに痺れを切らし、ボーカルとして加入すればギターを弾かずに済むと考えバンドを組むことを決意。
様々なコピーバンドを組み、ついに自身のバンド、ミートカツ王子を結成。作詞作曲はアカチェリーナ4世が勤めた。しかし1年後メンバーの方向性の違いにより解散。
この時に作られた曲は現在一度も演奏されておらず、音源化の予定も無い。

当時からミートカツ王子のドラム担当のウーチコバーンのみが現在もアカチェリーナ4世の音源化の際ドラマーとして参加しており、1stアルバム『HSPよ結集せよ』にも名前がクレジットされている。

ソロ活動 時代

バンドの解散により、仕方なく再度ギターを練習し始め、アカチェリーナ4世の名でソロ活動を開始。
ダークで人の内面を抉るような歌詞とマイナーコード中心のメロディーに、独特の低い声と、バンドで培われた声量のある声が同居する音楽性に瞬く間にファンが急増。山崎ハコ・中島みゆき・ビョーク・Coccoと通じるものがあると言われることが増える。

すぐに傷つき、何年もまるで昨日した失敗のように落ち込んでしまい、引きずる自分はおかしい人間だと幼少時より家族から言われ、育ってきた為、自分が一体何なのかを理解したい欲求があり、この頃、HSPという特性に出会い、自身がそれであると気づく。
それから同じHSPの為に歌っていくことを決意。

1stアルバム『HSPよ結集せよ』を発売。発売と同時に自身のレーベル“meat-K japanRecord”を設立。

他人との馴れ合いを好まないため、ミュージシャンの仲間はできてもすぐに居なくなってしまうところがある。
その反面、ファンをとても大切にしており、2年目にはラジオ“アカチェリーナ4世による、堕落前のお話。”開始。
ファンクラブを立ち上げ、お店を借り切って誕生日パーティーを開催。募集定員の10名に対し、ファン20人が集まる。

3年目の誕生日ライブはゲストにパフォーマーのおとぎ堂を迎えたソロライブを行う。

活動4年目、年明けと共に、急にライブハウスやライブバーへの露出が無くなる。
陶芸家のように、いい作品を黙々と作り、その作品を評価してくれる人の間で一人歩きしてほしいと望み、“陶芸家ミュージシャン”を自称するようになる。

人物

一人称は私、僕、俺。話す時は私、俺が多く、ブログなど文章上では僕、俺が多く見られる。
歌詞の一人称は私、僕が多い。

友達が居ないことを気にしている。“僕は人が好きなんだけど、なんでか人が離れて言っちゃうんだ”

外出することを“おんもに行く”と言う

声が低い上に小さく、常時マスクを着用しているため、聞き取れないと言われることが多い。

普段は温厚だが、裏腹に激しい面も併せ持つ。

携帯電話のメール機能を使っていない。昔モデルを頼まれた際、筆まめな方ではないことが災いし、メールの返信が遅いことに腹を立てた企画者によって嫌がらせを受け、モデルの仕事を終わらせ、自宅に帰ってすぐに携帯電話を逆パカし踏みつけるなどして破壊。二度と携帯でメールはしないことにしたという経緯がある。

音楽的嗜好

特に好きなのがthee michelle gun elephant Hawaiian6 cocco ゆらゆら帝国 鬼束ちひろ XJAPAN 洋楽ではnirvana ビートルズ ストレイキャッツ クラシックではベートーヴェン 等

ファッション

常時マスクを着用している。
その上で、声が低い上に小さく、聞き取れないと言われることが多い。

自身をバンパイアと形容しており、昼間に外出する際はサングラスとマスク、手袋と日焼けを極度に嫌う。太陽を見ていると具合が悪くなるらしい。

発言

使用機材

アコースティックギター

ヴォーカルマイク

シールド